セラミドが不足してしまう原因:加齢

セラミドが不足してしまう原因:加齢

ひとことでいうと乾燥肌というのはセラミド不足の肌のことです。セラミド不足さえ解決すれば肌は潤いを取り戻します。 だから、保湿ケアでは直接セラミドを補ったり、セラミドの産生力をサポートする有効成分を補うことが重要になります。


では、なぜセラミドが不足してしまうのか?これを考えてみましょう。


まず誰もが避けられないのが加齢によるセラミド産生量の低下です。セラミドは、肌のターンオーバーの過程で生成されるんですが、 肌の代謝力が衰えてくるとセラミドが作られる量も減ってきてしまいます。


肌の代謝力というのは、紫外線や活性酸素による酸化、糖化、炎症のダメージで基底層が弱ってくると落ちてきます。 そのため、どうしても年々、肌は乾燥しやすくなってきます。


「老人性乾皮症」なんて皮膚疾患があるように、加齢とともにセラミドや皮脂、天然保湿因子といった肌のうるおいを保つ保湿物質が減ってきてしまうのは避けられないんですね。 なので、ある程度の年齢になったら不足している保湿物質を与えてあげるスキンケアが大切になります。


肌の代謝を高める方法としては、20代まではしっかり睡眠をとり、保湿するだけでいいんですが、30代以降はたまにピーリングしてあげるといいです。 肌のくすみがとれて肌の透明感がアップするなど一石二鳥ですよ。


セラミド2配合の化粧水を選ぶ。 ベスト3はコチラ

セラミドが不足してしまう原因:洗いすぎ・こすりすぎ

セラミドが不足してしまう原因:洗いすぎ・こすりすぎ とにかくメイク汚れや皮脂が肌に残っているのはよくないとクレンジングや洗顔を頑張っている人の多くが洗いすぎです。 乾燥肌や敏感肌の原因の多くが「洗いすぎ」というのは有名なんですね。


1日に何度も洗顔したり、洗浄力の強いクレンジング剤を使うと、皮脂を奪い、角質層を剥がし落してしまうので、セラミドが流出してバリア力を崩壊させてしまう原因になります。


バリア力が失われた肌は外部刺激の影響を容赦なく受け、肌内部に水分をつなぎとめられないので、肌は乾燥し、荒野と化してしまいます。


皮膚科の先生がいうには、肌は洗わないことよりも洗いすぎることのほうが圧倒的に肌トラブルが起こりやすくなるそうですし、 治療のアドバイスとしてはまず洗顔を見直すということから始まることが多いようです。


それから「洗いすぎ」とならんでセラミド不足の原因をつくるのが「こすりすぎ」です。


洗顔料の泡がなくなるまで丹念にこする、コットンで肌を叩く、美容液やクリームを塗りこむようにして使うetc...。こうしたケアはすべて角質層を傷つけて、バリア機能を破壊してしまうものです。


こすりすぎケアのわかりやすい症状に「肌が赤くなる」というものがあります。スキンケア後の肌が赤くなっている場合、過度の負担がかかっているということですから スキンケア全般を見直したほうがいいでしょう。


肌の保湿には、セラミドを補うことも大切ですが、今ある肌のセラミドを守ることも大切です。


セラミドを補うなら、、 セラミド2配合の化粧水ランキング<Best3>
Copyright © 2014 セラミド2配合の化粧水ランキング~ぷるぷるモチモチ肌をget!· All Rights Reserved·